注文住宅用の土地購入にかかるコスト

不動産業者を仲介にする場合のコスト

注文住宅における土地の購入で不動産業者を仲介にする人も少なくありません。この場合、土地の購入とは別に不動産業者に仲介手数料を支払うことになります。
この手数料は不動産業者によって若干異なりますが、土地の売買に掛かる費用の3%に5万円前後をプラスした金額が一般的な相場で、別途消費税も必要です。この説明からもわかるように、不動産業者に支払う仲介料は土地の価格が高くなるほど業者に支払う手数料の金額も高くなってしまうためコストが掛かってしまいます。
そこでおすすめとなるのが不動産会社の所有する土地の購入です。この方法で土地を購入するのであれば、仲介手数料が発生しないので、コストを大幅に削減することができます。

ローンの支払いを含むその他の諸経費

前述した不動産業者の利用による仲介手数料以外にも、土地の購入には様々なコストが掛かります。
まず基本となるのが、法的な手続きに則って土地の所有名義を変更する不動産登記による費用です。この手続きは司法書士に依頼をする形になるので、司法書士へ報奨費や登録免許税などが掛かります。報奨費は司法書士がそれぞれ自由に金額を決めることができるので、複数から比較検討をすることが大切です。
土地の購入をローンによる分割払いで購入する場合には、ローンの手数料と抵当権がコストとして加わります。抵当権とは借金をする時に必要となる担保のことで、万が一ローンの支払いが滞ってしまった場合には担保である土地を売却して返済することになるので注意が必要です。

© Copyright Rules Of The House. All Rights Reserved.