住宅のみにかかるコスト

マイホームを注文住宅で購入する

夢のマイホーム購入では、一戸建て住宅を希望する人は土地も一緒に手に入れることができるというメリットを重点に置くでしょう。そして、せっかくマイホームを購入するならば、自分が理想とする間取り、さらには理想とする動線を望む人は少なくありません。 全てにおいて理想的なマイホームを購入するならば注文住宅で家を建てるのが妥当です。どこの地域に注文住宅を建てるのかによって、土地の代金は大きく変わります。注文住宅の建物が一体どれくらいの費用になるのかというと、建て売りの一戸建て住宅よりは人件費等が多く発生してくるため、高くなります。坪でいくらぐらいという相場があるので、建ててもらう予定のハウスメーカーに確認しましょう。

30坪ぐらいの家の購入

注文住宅を建てる場合、一般的には一階と二階を合わせると、だいたい30坪ぐらいの延べ床面積の家になるでしょう。このくらいの家を建てる場合、家そのものにかかってくる費用は、1500万円前後になります。
もちろん、ハウスメーカーによって異なりますし、どこまでこだわった資材を使って家を建てるのかによっても異なります。ですから、予算を大きくオーバーしないためにも、オプションなどでさまざまな資材を追加していく場合は、こまめに見積もりを取得しておきましょう。そうすることにより、予算オーバーを防ぐことができます。
建て売り一戸建て住宅に比べれば費用は上がりますが、それでも費用対効果で考えると注文住宅は魅力的なマイホームです。

一戸建てとは一軒の家屋が一つの住戸として成り立っている建物を指し、アパートやマンションのように複数の住戸から構成されている場合は集合住宅になります。

© Copyright Rules Of The House. All Rights Reserved.