住宅ローンの種類

固定金利は安定した返済を考えている人むけ

お金を借りるときに気になるのが金利ですよね。できるだけ返済にかかるお金は抑えたいものです。長期間ローンを支払うけれど金利の変動に悩まされたくない人は、固定金利を検討しましょう。この固定金利は、一定期間金利が固定されるタイプのものです。一定期間の金利が安定しているため返済プランを立てやすいのがメリットです。ただし一定期間過ぎると変動金利になる、金利が変動金利と比べて高くなる点に注意してください。「変動金利に比べて高くなるのか…」と思うかもしれませんが、金利が変動するリスクを考えるとこちらが安心といえます。住宅ローン以外の返済がある、今後支出が増える可能性がある人にもお勧めです。他の固定金利として、全期間固定金利があります。こちらは完済するまで金利が一定というものです。合わせて覚えておきたいですね。

変動金利は貯蓄に余裕がある人むけ

変動金利の一番の魅力は、金利が安いことです。住宅ローンの金利が変動しなければもっとお得になりますし、金利が下がると返済額も下がります。「安いなら固定金利ではなく、変動金利がいい!」と思った人は注意してください。金利が変動するということは、将来の返済額がはっきりしないということです。金利が上昇すると月々の返済額も上昇するので、返済に不安を感じる人もいるでしょう。そのため、貯蓄に余裕のある人や借入金額が少ない人にむいているローンといえます。ローンは他にも、固定と変動を合わせたハイブリッド型(ミックス)という方法もあります。2つの金利タイプを組み合わせて利用するものです。こちらは変動金利・固定金利の間をとったようなローンとなります。このタイプにもメリット・デメリットがあるので注意してください。

建売住宅は打ち合わせの手間や段取りがかからず仲介手数料も発生しないため、注文住宅より安く購入できるというのもメリットの一つです。

© Copyright Rules Of The House. All Rights Reserved.