住宅ローン金利の種類

マイホーム購入で大切なローン

夢のマイホームを購入する人の多くは、住宅ローンを組んで購入することになります。もちろん、中には持っている現金で一括支払いする人もいます。しかし、頭金だけならともかくすべてのマイホーム費用を持っている現金だけで捻出できる人はごく稀です。
特に注文住宅で家を購入する場合、建て売りの一戸建て住宅を購入するよりも費用はかかってくるので、住宅ローンはより慎重に組んでおきましょう。
ポイントになるのは、住宅ローンの金利になりますが、大きく分けると固定型と変動型に分かれます。どちらのタイプが良いのかはその人の性格によって変わるでしょう。固定型であれば、世の中の流れで金利が上昇していても、いつも同じ金額の返済で済みますので安心です。変動ならば世の中の流れで金利が低いときは得をしますが高いときは損をしますので、ある意味冒険です。

ずっと安定した暮らしを実現する

住宅ローンには固定型と変動型がありますが、一般的には住宅ローンを組んでから、完済するまでにかかる期間は30年前後でしょう。これだけ先まで返済していくことになるため、住宅ローンを組んだときの世の中の流れはわかっても、その先の10年後、20年後となると予想も付きません。 ですから、変動型にした場合には、いつどのタイミングで月々の支払額が高くなるかわかりませんし、その反対に低くなるかもわかりません。これでは、なかなか安定した月々の支出となりませんので、場合によっては毎月の生活が安定しないこともあるでしょう。 しかし固定型であれば、住宅ローンを組んだ時点から完済するまでが月々同じ返済額になるので、毎月の支出が予想しやすいです。安定した暮らしがしやすいでしょう。

賃貸住宅は建っている家を家賃を払って借りるものですが、分譲住宅は家を販売するもので買い取ってしまえば後は税金がかかるだけになります。

© Copyright Rules Of The House. All Rights Reserved.